不飽和脂肪酸

母乳に含まれているアラキドン酸

赤ちゃんを育てていく上で、母乳、また粉ミルクはとても重要なものです。
乳児は離乳食を食べるようになる生後半年くらいまで、母乳若しくは粉ミルクだけで栄養を摂取しています。
母乳や粉ミルクには乳児に必要な様々な栄養素が含まれていますが、そのうち、DHAやEPAなど、成長に欠かせない栄養素が知られていますが、近年アラキドン酸もたかい注目を集めています。

DHAもEPAもアラキドン酸も、必須脂肪酸の一つで赤ちゃんの爆発的な脳の成長をしっかりサポートするものです。
体の成長、脳の発達にアラキドン酸は欠かすことのできない成分なのです。
この成分が不足すれば赤ちゃんの脳の成長、発達に大きな支障がありますし、お母さんはしっかりバランスのいい栄養を摂取するほか、これら不飽和脂肪酸が含まれた食品類の摂取も考える必要があります。

よくお母さんがカレーを食べると母乳にもカレーの香りがする、という事が言われます。
お母さんが摂取した食事の影響を色濃く受ける母乳ですが、特に脂質に関してはとても大きな影響を受けるという事がわかっています。
日本人のお母さんの母乳には諸外国のお母さんたちとは違い、DHAの含有量が多いという事がしれられていますが、これも、もともと日本人は魚をよく食べる人種だからこそでしょう。
赤ちゃんの脳、また神経組織の成長に欠かすことのできないDHAやEPAですが、アラキドン酸はさらに重要なのです。

アラキドン酸は体内に摂取されると細胞膜構成成分となる大切や役割を持っているほか、免疫調整機能などの体を機能させる根本的な部分に深くかかわってきます。
脳細胞に関しては徳に深く、脳神経を発達させるために有効的に働く成分という事が知られています。

赤ちゃんは体内でアラキドン酸を合成できません。
でも乳児期は脳の成長が著しい時期ですから、アラキドン酸やDHA、EPAなどの良質な脂肪酸が必要になります。
赤ちゃんが摂取する栄養素を担うのはお母さんです。
栄養をしっかり取り良質な母乳が出るように、またミルクを利用される方は、粉ミルクの成分をよく考慮し、質の高い商品を選択することが必要です。


Copyright(C) 2013 哺乳類に最も必要とされる成分 All Rights Reserved.