不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸に分類されるアラキドン酸

炭素同士二重結合を含んだ脂肪酸を不飽和脂肪酸といいます。
不飽和脂肪酸には一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。
DHAやEPAなどが有名ですが、アラキドン酸は健康効果が高いことで知られています。
一価不飽和脂肪酸は炭素分子構造に1箇所、二重結合を結んでいる状態の不飽和脂肪酸で、酸化しにくいという特性を持っています。
代表的なものに、オレイン酸があります。

多価不飽和脂肪酸、これは一価不飽和脂肪酸とは違い、「体内で合成できない」脂肪酸です。
炭素鎖の「メチル基」側から炭素を数えて二重結合をしている状態が3番目に見られるのがn-3系、6番目に最初の結合がみられるのがn-6系です。
アラキドン酸はn-6系、リノール酸なども同じです。
n-3系にはαリノレン酸、DHA、EPAなどがあります。

一価不飽和脂肪酸は、果実類に多く含まれています。
悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールには影響しないという性格を持っています。
そのため、動脈硬化を予防する成分といわれます。
多価不飽和脂肪酸n-3系は青魚に多く含まれています。
DHA、EPAなどが有名ですが、鯖やいわし、さんまなどに含まれています。
細胞膜、生理活性材料となることが知られ、中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールの増加、また動脈硬化予防になる優れた脂肪酸です。
これらの脂肪酸が不足状態になると、集中力低下などの症状がみられます。

アラキドン酸はn-6系となりますが、コレステロール値を下げる、高血圧予防となる、また生理活性物質を作り出しますので、狭くなっている血管壁を広げる動脈硬化を予防する効果もありますし、免疫調整機能、記憶力向上などに役立つ成分です。
また血小板凝集を抑制する、さらに正常な子宮収縮を促すという作用があるため、女性の月経にも出産にも深く関係します。

アラキドン酸にDHA、EPAなど、特に多価不飽和脂肪酸は体内で作る事の出来ない成分なので、最近はサプリメントなども多数販売されています。
話題のアラキドン酸サプリメントを是非活用してみてください。
毎日の健康に、そして将来の痴呆予防にもなるアラキドン酸などの不飽和脂肪酸を上手に利用していきましょう。


Copyright(C) 2013 哺乳類に最も必要とされる成分 All Rights Reserved.