不飽和脂肪酸

アラキドン酸濃度の内容について

ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸などと同様に不飽和脂肪酸の一つであるアラキドン酸は、体内にもともとある成分ではなく、食品などから摂取する成分です。
鶏卵や肉類、魚類などに多く含まれ、また乳幼児は母乳からその重要な栄養素を摂取できています
最近このアラキドン酸の研究が進み、物忘れ、記憶力の低下などにこの成分が効果的で、痴呆という事に関しても効果を発揮するということがわかってきています。

これまでこの成分については、食事に含まれるリノール酸からかなり多くの量が摂取できると考えられていました。
合成に関しても体内で必要量を合成できていると考えられていたのです。
そのため、サプリメントなどによってこの成分を直接摂取することの重要性はほとんど考えられておらず、研究もそれほど熱心に行われませんでした。

でも中高年男性について体内のアラキドン酸濃度を調べてみた結果、リノール酸などの多い食事を摂取しているにもかかわらずその濃度が低いということが研究結果によって判明してきたのです。
この研究の中で、同じく不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸などの方がアラキドン酸よりも優先的に体内の赤血球膜リン脂質に取り込まれるのだということがわかってきたのです。

通常、魚や肉などこの成分が多い食品を摂取する場合、ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸などが同時に摂取されます。
という事は、アラキドン酸よりもこれらの成分の方が先に吸収され、アラキドン酸の吸収が少なということが理解できます。
若い女性についても同じだったため、この成分のみを摂取してみたところ、通常の食品、つまり、ドコサヘキサエン酸などが共に摂取される時よりも、吸収率が高く、体内の濃度も高くなるという事がわかったのです。

食べ物から得るしかないこの成分ですが、他の不飽和脂肪酸の方がより吸収され、最終的に濃度が低くなっているということが判明したのです。
という事は、この成分のサプリメントを利用し、この成分のみを体内に摂取することが一番望ましいという事がわかります。
サプリメントを上手に併用することは、吸収力をアップさせ、濃度を高くするという事もあるのです。

Copyright(C) 2013 哺乳類に最も必要とされる成分 All Rights Reserved.