不飽和脂肪酸

アラキドン酸を食事で摂取する

アラキドン酸は免疫機能調整、学習力向上、集中力アップ、記憶力向上、コレステロール、高血圧を降下させる等様々な調整を行う成分です。
この成分が体内にある事で、私たちは脳の伝達機能が正常でいられるし、勉強や仕事も集中力をもって行う事が出来るのです。
アラキドン酸は乳幼児、ご高齢者に少ないため、乳幼児については粉ミルクに配合されていることが多くなっていますし、ご高齢者についてはサプリメントなどから摂取していくことが望ましいとされています。

アラキドン酸が多く含まれている食品としては、鶏卵、魚類、肉類、肉類の中でもレバーにはたくさん含まれています。
高齢になると、お肉よりも野菜類を多く摂取しがちですが、肉類もバランスよく食べることが必要なんです。
諸外国と比較すると、日本人は老人性痴呆が多いと言います。
海外の方は高齢になってもお肉をたくさん食べます。
もちろん脂身が多いお肉ではコレステロールや血中脂肪が多くなるためよくありませんが、海外でよく食べられるお肉は赤身です。

アメリカでステーキを注文すると驚くほど大きなお肉がきてびっくりしますが、日本の牛ステーキとは違い霜降りではなく、赤みでかみごたえのある牛肉のステーキがほとんどです。
良質な赤身のお肉をしっかり摂取していることで、アラキドン酸を適度に摂取でき、海外の方には痴呆が少ないのでしょう。

アラキドン酸もリノール酸もエイコタペンタエン酸も、脳、血液、皮膚等に不可欠な成分です。
またDHA、ドコサヘキサエン酸なども年齢が上がっていくにつれ、積極的に摂取したい成分のひとつとなります。

アラキドン酸を含む不飽和脂肪酸や必須脂肪酸は体内で合成できない成分です。
そのため、食事やサプリメントで効率よく摂取する事が必要となります。
記憶力アップ、学習力アップ、さらには免疫力向上のためにもとても重要な成分です。
高齢になると免疫力が落ちることで病気になりやすいという面もありますので、若い世代から、アラキドン酸を意識した食事が望ましいでしょう。
アラキドン酸サプリメントは簡単に健康維持ができる便利なアイテムですので、食事だけではとりきれないアラキドン酸をサプリメントから補充すると良いでしょう。


Copyright(C) 2013 哺乳類に最も必要とされる成分 All Rights Reserved.